ライフスタイル

食品サンプルで話題の【角煮のジェンガ】を実際に作ってみた!そりゃ倒れちゃうよね…

一昨年、食品サンプル会社「イワサキ・ビー・アイ」が行った社内コンクール審査会で本物そっくりとして話題となった【角煮のジェンガ】。

Twitterでは今年になって再度サンプルとして作られた【角煮のジェンガ】の他に『ポテチの恐竜』『流木風デニッシュ』
『カニ缶から出たカニ』
等が瞬く間に拡散され話題となりました。

そんな【角煮のジェンガ】を今回、実際に作ってみました!!

調理過程から完成までまとめてみましたのでどうぞっ!

角煮を積み上げるのと、食べるとき間を向いて食べるのが大変でした(笑

実際に作ってみた【角煮のジェンガ】

まずは完成した【角煮のジェンガ】はこちら!

【角煮のジェンガ】の調理手順

1、豚肩ロースを強火で5分ほどづつ焼き、6面全てに焦げ目をつけていく。

2、焼いた豚肩ロースが浸るくらいのお水を入れ、酒、ネギ、ショウガも加えて沸騰したら弱火で1時間ほど煮込む。

3、煮た豚肩ロースから煮汁を取り出す。
空いたフライパンに醤油、酒、砂糖、煮汁を加えて強火で絡めていく。
タレが粘り気を持って蒸発してきたら火を止める。
(この間肉を転がし続け、タレを染み込ませる)

4、常温で30分ほど寝かせて味を染み込ませる。

5、完成していますが、ここで角煮を1cm幅に切っていく

6、3列ごとに積み重ねて完成!!

【材料】

ショウガ…チューブでも(出汁用なので)
ネギ…適量(出汁用なので)
醤油…大さじ3
酒…大さじ2
砂糖…大さじ2
煮汁…適量

≪今回豚肩ロースを1KG使用≫

【角煮のジェンガ】の作成風景

作成途中の動画がこちら!!

個人的な感想

豚肩ロースは最初から網で縛ってあるものを使用させていただきました。

型崩れを防げるので調理時は楽でした!!

にしても調理時間はかなりの時間がかかりました。多分トータル3,4時間はかかっちゃいましたね(-_-;)
一気に調理しても良かったんですが、分量的に足りると思って躊躇したせいですね…

今回悔しかったのがASMR的に音があまりしない動画になってしまったことですね。
角煮はかなり柔らかくて美味しかったんですが…

みんなに食べてもらいたいくらいですね(笑

後は、ジェンガを積み上げるときなんですが、中に棒などは一切通してないので何度も倒れそうになって正直大変でした(-_-;)

サンプル品と比べると形が汚いですが意外とちゃんと積むことができました!

■まとめ

今回は『食品サンプルの【角煮のジェンガ】を実際に作ってみた!そりゃ倒れちゃうよね…』についてご紹介させていただきました。

今回豚肩ロースを500gずつ調理したので結構な時間がかかりましたが、かなり美味しく仕上がりました。

また、1時間煮込んだお陰でかなり柔らかく食べやすかったです。

実際に食べてみたのですが、量が多すぎて最後の方は満腹度100%越えてました(笑
顔に出ちゃってますね、すみません…(-_-;)

皆さんも一度作ってみてはいかがでしょうか?

それでは、記事をお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
reijunior
主にyoutubeでASMRの動画を配信しているreijuniorです。